Japan FIEA Representations Repository (Clearing)

Starting from November 1, 2012, mandatory clearing will be imposed on certain OTC derivative transactions under the Financial Instruments and Exchange Act (FIEA). To help members comply with the requirements of FIEA, ISDA has published the Confirmation on Mandatory Clearing Obligation of OTC Derivatives Transactions (the “Confirmation”) and the Request Regarding Mandatory Clearing of OTC Derivatives Transactions (the “Request”) which summarizes why the Confirmation is required and who is requested to submit the Confirmation. Please see “Request” for the details. Submitting procedures are also explained in the “Request”.

 

Request
Confirmation

 

(Note)

The Confirmation was originally prepared for the OTC derivative transactions set out in Article 156-62(i) and (ii) of the FIEA.  Starting from December 1, 2014, the Confirmation will only apply to certain CDS transactions set out in Article 156-62(i) of the FIEA due to the amendments to the relevant ordinances.  It should be noted that from December 1, 2014, the OTC derivatives transactions set out in Article 156-62(ii) may be required to be cleared under the FIEA regardless of the contents of the Confirmation.

 

金融商品取引法に関する表明

 

2012 年11月1日より、金融商品取引法に基づき、一定の店頭デリバティブ取引(「清算対象店頭デリバティブ取引」)に対する清算機関の利用が義務付けられます (清算集中義務)。2012年11月1日以降は、一定の例外に該当しない限り、金融商品取引業者等間の清算対象店頭デリバティブ取引には、清算機関の利用 が義務付けられます。この例外に該当する場合の一つとして、清算対象店頭デリバティブ取引の一方当事者が清算参加者とならないことについて「合理的理由が ある場合」が規定されていますが、この際には、当該取引の他方当事者は、相手方が行なう合理的理由がある旨の表明を確認する必要があります。ISDAで は、かかる確認を効率的に行う機会をホームページ上で提供することとし、「店頭デリバティブ取引の清算集中義務に関する確認書」(「確認書」)および店頭 デリバティブ取引の清算集中義務に関するご依頼(「依頼書」)を公表いたしました。詳細は依頼書をご参照ください。

 

依頼書
確認書

 

 

(注記)

 

関係法令の改正により、2014年12月1日からは、金融商品取引法第156条の62第2号に規定する取引については、清算対象店頭デリバティブ取引の一方当事者が清算参加者とならないことについて「合理的理由がある場合」であっても清算集中義務の例外とは扱われなくなります。

 

但し、金融商品取引法第156条の62第1号に規定する取引である一定のCDS取引については、引き続き合理的理由がある場合の例外が認められます。2014年12月1日以降、確認書の内容は、参照する条文の改正により金融商品取引法第156条の62第1号に規定する取引である一定のCDS取引にのみ対応することとなります。